海風に吹かれる千葉のcoffee roasterです
 
coffee roasterです。
cafeではなく、珈琲豆専門店になります。


Dripperstand01
◆ 予てからドリップスタンドやドリッパースタンドを考えていた。
実際に使うとなると動線や、ドリッパーを外した後の事を考える。
そうなると欲しくても買えないドリッパースタンドも多くあった。

そこでネットの検索から調べ
オーダーメイド受注してくれそうな人を数人探した。
それでも幾人からは断られたり規格と違うと言われたりした。
きっと、世のcoffee toolがHARIOに合わせているからなのかも知れない。
それはそれで当然至極…

私がメインで使うドリッパーはKONOのMD21である。
だが、KONOにはMDN21(俗に言うNew Dripper)と云う方があり
この形が市販されているドリッパースタンドにはなかなか合わない。
合ったとしても安定性が悪かったり、ギリギリのサイズで外しにくかったりと…

そこで福岡のCAFE'202さんにお願いをしてみた。
まずは何回かmailで連絡させてもらい
その上で図々しいがこちらの要望もお願いしてみた。
図面を描いてくれる事になり、自分の頭の中でも立体的になる。
これは頼もしいと思った。
私らは頭で描けても、実際に図にする事は出来ないのだ…

ラフの図面と精確な図面を二度も描いてくれ、今回は救われた気がする。
こちらの申し伝えの漏れも補ってくれた。








『コンセプトが必要だった』
Dripperstand03
◆ 今回のコンセプトはKONOのMDN21が使えるサイズと
HARIOのドリップスケールが使えるドリッパースタンド。

正確に量り、毎回同じようなcoffeeにする為の大事なtoolになる。
お客さんが変わったら同じ豆でも違うcoffeeには出来ない。
毎回、ブレの無いcoffeeにする為に製作依頼したのだ。



Dripperstand07
そして、KINTOの300mlのジャグである。
口が広いのでアバウトにcoffee液を受け取り易い形である。
全部のtoolを精確に量り、少し余裕を持った作りになっている。
ドリッパーの抽出口とサーバーやジャグの間が離れ過ぎていると
coffee液が液面を叩いて泡が出てしまう。
お客さんによっては、この泡を嫌う人がとても多いのだ。
また、あまり抽出口とサーバーやジャグが離れていると
埃が入ってしまう事に懸念があった。

coffee roasterなんだけど飲み物屋でもあるんだ。
だから、10.5cmのKINTOのジャグが必要だった。

たぶん、今売ってる殆どのドリッパーには使える構造になっている。
サーバーはHARIOの600mlにも対応できるようになっている。
だから2杯分はいけるんじゃないかな。



Dripperstand09
Dripperstand08
Dripperstand02
上から見ても少し余裕のある事が解る。
ドリップ中にもネームが見えるように細工されている。
ここら辺はとても有難い。



Dripperstand05
Dripperstand04
HARIOにも対応できるようになっている。
現在、Kalitaと並んで何処でも買えるcoffee tool。
置いてみたら安定していてcoffeeを抽出し易い。









『実際に使って欲しいドリッパースタンド』
Dripperstand12
◆ こうして纏めてみると素敵な気がする。
勿論、ドリッパースタンドの中ではシンプルな構造なのだ。
だが、それが良い。
ハンドメイド感があった方が素敵に見える。

材質はウォールナットでアイアンを使った。
CAFE'202さんは、木とアイアンを使う事でも知られる。
初め、検索して辿り着いた時はドリッパースタンドじゃなかった。

製作して欲しい材質が初めから木とアイアンだったので
この流れになったんだと思う。
今になって、やっぱり依頼して良かったと言える。
迷った末に、ようやく入口へと戻ったように…




Dripperstand10
このネームタグを頂戴した。
今まで自己顕示欲が無かったので
『cafe co.mugi』の名を入れたりもしなかった。
coffee屋としてroasterとしても何より嬉しい。




Dripperstand13
この一杯だけはCAFE'202さんに。
製作してくれた事へ感謝の一杯。



今日の珈琲教室では、参加者さん十数人に
ドリッパースタンドを使ってもらった。
皆、使い易いし淹れるって事が楽しいと感じたようだった。

実際に使ってみてcoffeeと云う暮らし方が
なんとなく別の世界にも観える。
coffeeはcoffeeだけじゃなく、他のtoolやジャンルとの融合が図れる。
最近、忘れていたかも知れない…

これから先、何十人や何百人が
CAFE'202さんのドリッパースタンドと触れる。
もしかしたら、その繋ぎ役が私達だったのかも知れない。


※今回のドリッパースタンド製作は…
こちら→CAFE'202 hand made goodsさん




店主





gallery
  • 『Columbia El Roble農園』
  • 『Columbia El Roble農園』
  • 『El Salvador Santa Rita農園』
  • 『El Salvador Santa Rita農園』
  • 『Guatemala Santa Catalina農園』
  • 『Guatemala Santa Catalina農園』
  • 『珈琲教室の情報』
  • 『El Salvador Cerro Negro農園』
  • 『El Salvador Cerro Negro農園』
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor 天気
  • ライブドアブログ